デジタルサービス法 (DSA)


デジタルサービス法 (DSA)

Article
Accueil Effisyn S.D.S
 
| Effisyn S.D.S | Numérique | Réglementation Européenne  Vu 895 fois
Article N°27735

デジタルサービス法 (DSA)

欧州委員会のティエリー・ブルトン委員長の推進力により、欧州市民のために欧州のデジタル技術を規制する法律文書が続々と発表されている。ここでは、DSA(デジタルサービス法)を取り上げ、この文書の重要な要素を強調する。どうぞお楽しみください!
#DSA #欧州主権 #規制


この記事の翻訳はDeepLによる。

DSA はデジタル分野に関する欧州の新しい規制である。その提唱者の一人であるティエリー・ブルトン欧州委員、そして欧州委員会全般にとって、その称賛に値する目的は、デジタルプラットフォームの活動を規制し、ヘイト、情報操作、偽情報、偽造に対抗することで欧州市民を保護することにある。
この文書に定められた義務は2024217日に発効する予定だが、超大手のオンライン・プラットフォームや検索エンジンは2023825日から影響を受けることになる。
この文章の内容に戻る前に、特にソーシャルネットワーク上では、この文章が検閲や情報統制のためのツールの導入とみなされ、非常に強い反応を引き起こしていることに留意すべきである。そして、この懸念は正当なものである。ある情報が合法的で、別の情報が "陰謀 "であると誰が言えるのだろうか? 健康危機の管理は、公式情報が必ずしも信頼できるものではないことを私たちに示している!その一方で、嫌がらせのような憎悪に満ちた攻撃的な言動は現実的な問題を提起しており、プラットフォームによる「節度」だけではうまくいかないという結論に達するしかない......


DSAに戻り、覚えておくべき主なポイントは何か?この豊富な文書はいくつかのセクションに分かれており、問題のさまざまな側面(義務、管理、罰則など)をカバーし、主要プレーヤーとその他のプレーヤーを区別している。セクションは以下の通り:
  • 一般規定
  • 安全で透明性の高いオンライン環境のための注意義務
    • すべての仲介サービス・プロバイダーに適用される規定
    • オンライン・プラットフォームを含むホスティング・サービスのプロバイダーに適用される追加規定
    • オンラインプラットフォームのプロバイダーに適用される追加規定
    • 消費者が取引者と遠隔契約を締結することを可能にするオンライン・プラットフォームのプロバイダに適用される追加規定
    • 超大規模オンラインプラットフォームおよび超大規模オンライン検索エンジンのプロバイダに課されるシステミックリスク管理義務の追加 ◦ デューディリジェンスに関するその他の規定
    • デューディリジェンス義務に関するその他の規定
  • 実施、協力、制裁、執行
    • デジタル・サービスの所轄官庁と国内コーディネーター
    • 権力、調整された調査、一貫性管理メカニズム
    • 欧州デジタルサービス委員会
    • 非常に大規模なオンライン・プラットフォームまたは検索エンジンのプロバイダーの監視、調査、執行、管理
    • 執行に関する共通規定
    • 委任法および実施法
  • 最終規定


しかし、「違法コンテンツ」の定義が正確さを欠き、かなり曖昧でキャッチオールなままであることは残念である。
次に、様々なデジタル・プレイヤーの責任が定義され、その関与の度合いに応じて調整される。透明性報告義務(第24条)を除けば、第3節(オンライン・プラットフォーム・プロバイダーに適用される追加規定)の条文は、零細企業に分類されるデジタルプレーヤーには適用されない。第4項(消費者が取引者と遠隔契約を締結できるようにするオンライン・プラットフォーム・プロバイダに適用される追加規定)も同様である。
最初のセクションに関して言えば、私から見れば、その義務は法外なものではなく、実際、デジタルプレーヤーはその義務を果たすよう求められている:
  • コンテンツと商品の透明性対策
  • 法的枠組みの一部として、管轄の司法当局または行政当局の要請に応じて違法コンテンツを削除する可能性。
  • 当局との連絡窓口を一本化する
  • 顧客/サプライヤーの苦情に関する窓口を一本化する。
  • 未成年者とその個人情報を保護するための効果的な措置を講じる。


このセクションは、特に大規模なデジタル・プラットフォームと検索エンジンを対象としており、システミック・リスクの管理に関する追加的な義務を課している。私の見解では、要求される措置の妥当性、そして何よりも、それらを実施する現実的な可能性について最も疑問が生じるのはこのセクションである。ボールは第34条から転がり始め、EUにおけるすべてのシステミック・リスクの真摯な分析を実施する必要がある......この分析は毎年繰り返さなければならないだろう。
例えば、違法コンテンツの配信についてである。何百万人ものユーザーを抱え、異なる法制度を持つ地域で運営されている国際的なプラットフォームにとって、これは大変な作業であることがわかるだろう。仮に、利用者の関心を変えることなく、コンテンツの配信を容易に地域化できると仮定しても、VPNVirtual Private Network)を利用するEUの利用者が、EUでは違法だが別の地域では合法なコンテンツにアクセスするのを誰が防ぐのだろうか?


主要なプラットフォームや検索エンジンは、EUで重大な危機(健康、テロ、気候、自然災害など)が発生した場合、管轄のEU当局の促しや勧告のもとで、モデレーション・プロセスの適応、一般利用規約の適応、アルゴリズム・システム、信頼できる情報の促進など、特定の緊急措置を講じることができることも求められている。
次に、リスク軽減に関する条文(第35条)がある。提案されている手段には、設計や使用条件の適合などが含まれる。もちろん、アルゴリズムを変更することも必要かもしれない。この最後の点は必ずしも悪い考えではないが、使用されているアルゴリズムは管理下にあり、どのように機能するのか(ブラックボックスになっていないか)、私たちは確信しているのだろうか?
また、子供たちを保護するための対策も話題になっているが、これはSNSプラットフォームのSmartrezo のような一部の非典型的で倫理的なプレーヤーを除いて、ほとんどの場合行われていない。


その他の対策としては、こうしたリスク要因の独立監査と、実施された是正措置がある。この措置は、それ自体は論理的なものであるが、現実原則に突き当たる。これらの監査機関は誰になるのか、誰が彼らに認定を与えるのか、そして誰がこれらの監査に資金を提供するのか。ほとんどの場合、これらのプレーヤーは(あなたの同意の有無にかかわらず)あなたのデータを使用し、転売するのだから。


欧州委員会は方向性を見失ってはいない。 超大手プレーヤーや検索エンジンに対しては、この状況を利用して監視料を導入しようとしている(欧州委員会がDSAによって誘導された必要な措置を実施するためのリソースを確保するため)。デジタルプレーヤーに新たなコストラインが......
DSAはもちろん、差止命令に従わなかった場合の制裁措置として、ユーザーに対するサービスの一時的な制限や、プレーヤーの全世界の売上高の最大6%までの金銭的制裁など、さまざまな種類の制裁措置を定めている(これは、そろそろチクチクしてきた......)。


この濃密で専門的な、そして必ずしも十分に正確とは言えない文章を読み終えて、私が最初に感じたことは何だろうか?これはあくまでも個人的な感想であり、読者の皆さんには、この文章にどっぷりと浸かって自分の意見を形成していただきたい。
まず、全体的な観点から言うと、これは正しい方向に向かっている文章だと思う。確かに、デジタルプレーヤー自身、特にアメリカや中国の巨大企業による、わずかな統制もない自己節制が限界を示すことは誰もが経験している。たとえ偽名を使ったとしても、利用者の年齢(したがって身元)を保証することは問題ないと私は考えるが、それでも欧州市民の個人データを保護する措置が万全であること、特にこのデータが米国やその他の国に転送されないことを保証する必要がある。この措置は、13歳未満の未成年者の登録を防ぐものです。これは可能であり、フランスのプラットフォーム(Smartrezo)が実施している!


一方で、何が「違法なコンテンツ」にあたるのか、あるいは「信頼できる情報」の促進とは何なのかが曖昧であるため、この文章がどのように適用されるのかを監視しなければならないのも事実だ。ティエリー・ブルトンは、「コンテンツモデレーションは検閲を意味しない。ヨーロッパでは、真実省は存在しない」(Le Monde Informatique – 25-08-23)。


結論として、現在のプラットフォームの運用に見られる限界を考えれば、この文章は必要であった。しかし、デジタル技術の力と大量流通は、大衆をコントロールする効果的な手段にもなりうるし、おそらく外国からの影響力を証明する道具にもなりうるからだ。中国のTikTokと欧米の若者に提供されるTikTokのアルゴリズムやモデレーションの違いを見てほしい(アルゴリズムによって提案され、強調されるコンテンツは同じではなく、教育コンテンツや科学への認識、そして欧米では悪名高い無能のマッシュ)...DSAのような保護ツールを使うだけでなく、私たちの世界観と一定の文化的側面を統合した独自のプラットフォームを作り、宣伝することによって、私たち自身の道を見つけるのです!例えば、質の高い情報コンテンツを提供し、さまざまな地域の経済的・社会的構造を促進するプラットフォームであると同時に、特にインターネットのリスクやメディアの仕組みを理解するための教育コンテンツも提供する......
 

Emmanuel MAWET

Lien :https://effisyn-sds.com/2023/09/06/%e3%83%87%e3%82%b8%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b9%e6%b3%95-dsa/?lang=ja

  • 0
    • j'aime
    • Qui aime ça ? »
  • 0
    • je n'aime pas
    • Qui n'aime pas ça ? »
  •  
 

Réagissez, commentez !

  • Aucun commentaire pour l'instant
rechercher un article, une vidéo...